読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20150503(スピッツ・VIVA LA ROCKネタバレ)

2015年5月3日(日)

VIVA LA ROCK
さいたまスーパーアリーナ

スピッツ
18:30-19:20
01.夢追い虫
02.不死身のビーナス
03.春の歌
04.チェリー
05.魔法のコトバ
06.雪風
07.運命の人
08.野生のポルカ
09.恋する凡人
10.8823

f:id:takashimasutamu:20150503150123j:plain

(写真はSTAR STAGEとなるメインステージ=SSA

 

ビバラは去年から始まった新しいフェス。
MUSICA(ムジカ)鹿野淳氏がオーガナイザー。

このフェスにはいくつかの傾向と特徴があります。(ソース自分)
1.若手アーティストが多い
2.鹿野氏の趣味・志向が露骨に反映される(良くも悪くも)
3.ロックバンドしか出演しない(アイドルなし)
4.お客さんも若い

あと、『座って観れる』を正当化してるのもこのフェスのすごいところであり、真骨頂。
スタンド席で飲み物フード片手に「大好きじゃないけど気になるアーティスト」を一見できる素晴らしさ。この快適さはもっと多くの人に分かって欲しいし、実際足を運んだ人は良く分かると思う。

そんな「ポスト・ロッキン」を思わざるを得ないフェスにスピッツ
このことは、個人的にはとっても意味があるのかなーって感じた。
JAPAN JAMに出ないでコッチを選んだのは、スピッツとしても新しいコトに挑戦したいというささやかな現れなのかなぁと解釈しました。

雑文はこの程度にして、本題のスピッツへ。
(当日はくるり⇒アンセム⇒cero⇒KTCC⇒スピッツと駆け抜けたけどブログではそのほんの一部を文章化します)

とにかく当日はスピッツ目当ての人、スピッツを一目見たい人で会場はごった返し。
去年も2days足を運んだけど、あの巨大なSSAで入場規制なんて前代未聞。
(もちろん400Lとかは少し空いてたと思うんだけど)

定刻になると、メンバーはいつものように何をすることもなくステージイン。
メンバーがギターを持つ。マサムネ氏はエレキギターを持ってる。わーい。
崎山氏がカウントを始める。1曲目は「夢追い虫」。
少し意外な選曲、でも横浜サンセット映画のタイミングだから何処となく予定調和。
フェスティバリーナの「夜を駆ける」始まりに似た感じ。悪くない。

2曲目は「不死身のビーナス
前回のGOスカ振り?
2011年の夏イベの頃から定着したマサムネのアカペラ、大サビ増量verで安定飛行。
「鳥になって」もそうだったんだけど、あまりやらないスピッツのliveアレンジにハズレなし。

3曲目「春の歌
ここで客席から大きな歓声。
この曲のために来たと言っても過言ではない(笑)でも、本当に嬉しい1曲。僕は2年前の『亀の恩返し』振り。この曲は本当に好きだ。スタゲ世代には堪らないんだよ。(※スタゲ世代は僕が勝手に使ってる造語)
テツヤの使用ギターがレスポーツ ゴールドトップな辺りも本当に良かった。
あの太く、透き通ったサウンドじゃなきゃね。

4曲目「チェリー
このゾーンがサービスタイムであることを察知。
春の歌を超える歓声でフロアが包まれる。さすが3大名曲、沸き方が違う(笑)
チェリーなんて普段聴かないけど、改めて聴くととても良いなと歳をとって最近感じるようになったなーなど思う。

5曲目「魔法のコトバ
王道シングル3連発wwwと少し笑ってしまった。
後から分かったことだけど、魔法のコトバはビバラ用に追加された1曲でした。
(ビバラのセトリ-魔法のコトバ=アラバキのセトリ)
魔法のコトバ、ライト層にはとても人気の高いようで。
ワンマンでもアンコールで不意にやる程度で、実は遭遇率の低い1曲。
ピアノのイントロの部分、ギターでなぞるのがささやかなliveアレンジ。
ここまで来ると完全にSSAスピッツの独擅場。満杯のフロアが集中してステージをみている感じ、フェスであることを忘れる。

6曲目「雪風
やってくれましたー!
短い曲ながらスピッツ技法が凝縮されてるなと思っています。
コーラス部分もしっかり美しく演奏できるのがスピッツクオリティ。

7曲目「運命の人
アイニージュー!
ここからジワジワと盛り上げゾーンへ。
何回演奏しても飽きないよ、運命の人。
昔は打ち込み・アコギだけだった1番も、今ではテツヤのギターも入ってより満足度の高い状態に。
周りの人も、運命の人でかなりあがってる様子。

8曲目「野生のポルカ
アコーディオンがあったので予想できたけどやっぱりきました。
正直、あまり好きではない1曲。ただ、ライブだと普通に盛り上げれる身体になっています。

9曲目「恋する凡人
盛り上げ曲は新し目の曲で攻めてくるね。
そして、甘口で、ピンクの照明が似合う選曲な1日だったなーなど思う。

10曲目「8823
ピロウズのハイブリッドレインボウのような立ち位置。
使い古された1曲だけど、やはりカッコいいよね。カッコいいスピッツ好きです。
この日の田村氏はシンバルもたたくなど、気合いが入っておりました。

盛り上げ曲に関しては、もう少し変化があっても良いのでは?と思ってしまうところもあるけど、それでもやっぱり楽しいライブでした。

 

オフィシャルサイトのフラッシュレポートもあります。

vivalarock.jp

 

次はゴースカ。楽しみにしてます。