読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月

彼女と別れた。
すべて僕が悪かった。
反省しなくてはいけない。
強くならなくてはいけない。

気が動転した。
余計なことを口にしてガッカリさせた。
向こうの主張はとても論理的で正しくて、非の打ち所がなかった。
言葉の1つ1つが心をえぐるようだった。

泣いた。
僕が泣いたのは5年ぶりのことだった。
5年前は友情が絶えた時だった。
そのことは僕をこの5年苦しんできた。
メディアにまいった。
彼の命が理不尽に損なわれたことは、
後に大きな傷を僕たちに残した。

これ以上
人を失いたくないと思っていたが
その覚悟は甘いものだった。

命が絶えていようが
灯っていようが
僕はまた大切な人を1人失った。
今回その責任は僕にある。
大学4年間で僕はどう成長したんだろう。

共に過ごした3年間は
とても楽しいものだった。
振り回されたし僕も振り回した。
永遠に続くものだと誤解していた。
彼女の嫌なところもいっぱいあった。
それは構わないことだった。

ただ、少し疲れていた。
それだけは確かだった。

どんなに辛くても
逃げ出したくなっても
夜眠れば朝が来る。

もう3月だ。
桜の開花宣言が行われて
春は近づいている。
新しい季節は平等に訪れる。

空っぽになった。